ようこそ!
 ゲスト会員様

セミナータイトル検索

タイトル・講師名などを入力

現在の掲載セミナー数

0タイトル

0ムービー

遺伝子検査で大きく変わるがん治療 ~“臓器縦割り”治療からの劇的な変革~

ムービーサムネイル

吉野 孝之(よしの たかゆき)
国立研究開発法人 国立がん研究センター東病院 消化管内科科長
講師プロフィール
1995防衛医科大学校卒業。同大学病院、国立がんセンター中央病院、同東病院研修医・内視鏡部消化器内科 非常勤医師を経て、2002-07静岡県立静岡がんセンター消化器内科副医長。その後、国立がんセンター東病院にて内視鏡部消化器内科 医員、消化管内科 外来・病棟医長、消化管内科科長を歴任。15年2月から産学連携全国がんゲノムスクリーニング事業SCRUM-Japan GI-SCREEN主任研究者を歴任。
  • サンプルムービー

これまで臓器ごとに行われてきたがん治療が、遺伝子検査による治療法の発達で劇的に変わりつつある。2015年より始まった全国約200の医療機関と10数社の製薬会社の共同研究に基づいた世界最先端のがん治療モデルを紹介しながら、大きく変わりゆくがん治療の今後について語る。(64分)

このセミナーの動画一覧PC専用一括連続再生ボタン

1.はじめに~国立がん研究センター東病院とは

0:06:31 動画を見る

2.なぜ大腸がんの新薬開発が必要なのか?

0:15:11 動画を見る

3.国際共同治療への参入の現実

0:05:11 動画を見る

4.薬物療法の治療効果は?

0:01:06 動画を見る

5.国際共同試験参画のための研究者の意識改革

0:03:20 動画を見る

6.加速的に進歩する大腸がん薬物療法の近未来

0:09:46 動画を見る

7.SCRUM-Japan(スクラム・ジャパン)の紹介

0:16:55 動画を見る

8.今後目指していく医療システムの形

0:03:55 動画を見る

9.有効な治療薬を患者さんへ届けるために

0:02:45 動画を見る

レビューの投稿

pagetop