ようこそ!
 ゲスト会員様

セミナータイトル検索

タイトル・講師名などを入力

現在の掲載セミナー数

0タイトル

0ムービー

立川断層を含む 首都圏直下型地震とそのそなえ

ムービーサムネイル

都司 嘉宣(つじ よしのぶ)
元東京大学地震研究所・准教授 建築研究所 特別客員研究員
講師プロフィール
1947年奈良県生まれ。72年東京大学理系大学院地球物理学専攻修士修了。94年東京大学地震研究所地震火山災害部門准教授。2011 年 東北地方太平洋沖地震について、NHKに出演し関する解説を行う。 新聞連載:産経新聞『温故地震』(月1回)など 。近 著:『千年震災』(ダイヤモンド社,2011)などがある。

日本経済の中枢、首都圏に直下型大地震がくるといわれて久しい。2012年9月に東京大学地震研究所などの研究チームが「30年以内に70%」というデータを発表した。過去のデータから危ない地域をわりだし、対策として真っ先にすべきことを解説する。

このセミナーの動画一覧PC専用一括連続再生ボタン

はじめに

0:05:34 動画を見る

1.2011年3月11日 東日本震災の正体と津波の教訓

0:30:05 動画を見る

2.海溝型巨大地震に誘発される地震

0:09:00 動画を見る

3.安政江戸地震(1855)による関東地方の詳細被害分布

0:20:38 動画を見る

4.立川断層の意味

0:05:30 動画を見る

5.地質・地形条件と地震の揺れ強度

0:03:51 動画を見る

6.地震に弱い建物の構造

0:02:43 動画を見る

7.1995年兵庫県南部地震に学ぶ真の地震防災

0:08:49 動画を見る

付録:吉祥寺の由来

0:05:58 動画を見る

レビューの投稿

pagetop