ようこそ!
 ゲスト会員様

セミナータイトル検索

タイトル・講師名などを入力

現在の掲載セミナー数

0タイトル

0ムービー

健康経営を目指して生産性を上げる 〜現場を強くする「トヨタの時短術」〜

ムービーサムネイル

原 マサヒコ(はら まさひこ)
元トヨタNo.1メカニック 株式会社プラスドライブ 代表取締役
講師プロフィール
1996年神奈川トヨタ自動車にメカニックとして入社。5000台もの自動車修理に携わりながら、トヨタ独自のPDCAを叩き込まれる。技術力を競う「技能オリンピック」で、<br>最年少23歳で優勝を果たしトヨタNo.1の座に。活躍の場をIT業界に移してからも、トヨタ時代のPDCAと「カイゼン」思想を基盤に、顧客満足度No.1に貢献する。現在は上場企業所属のWebディレクターとして、クライアント先のwebサイト改善やマーケティング施策の推進業務を担当している。
  • サンプルムービー

長時間労働対策として国が推進する「健康経営」という取組み。中小企業が実践するためには、まず全社員の「時短」意識が重要です。生産性向上を追求し続けるトヨタの現場から、健康経営を実現するヒントを探ります。

このセミナーの動画一覧PC専用一括連続再生ボタン

1.自己紹介

0:02:43 動画を見る

2.健康経営とは何か?

0:01:31 動画を見る

3.健康経営を取り入れた企業の事例

0:02:11 動画を見る

4.個人の時短:「頑張る」ということを理解する

0:05:07 動画を見る

5.個人の時短:「これまでの常識」を疑う

0:04:07 動画を見る

6.組織の時短:「目的はなにか」を考える

0:04:28 動画を見る

7.組織の時短:「ラクになる方法」を考える

0:04:06 動画を見る

8.まとめ

0:04:52 動画を見る

レビューの投稿

pagetop