ようこそ!
 ゲスト会員様

セミナータイトル検索

タイトル・講師名などを入力

現在の掲載セミナー数

0タイトル

0ムービー

“四方よし”で会社経営を ~年輪型長寿ビジネスを心掛ける85歳“現役営業”創業者の挑戦~

ムービーサムネイル

宮﨑 正男(みやざき まさお)
株式会社大倉物産 会長
講師プロフィール
1932年長野県生まれ。東京経済大学卒業後、商社に入社、営業成績を上げ28歳で横浜支店長に。66年に独立、株式会社大倉物産を創業。以後50年間社長を続け、2016年現職に。この間、札幌に半導体工場を作るも人間関係上のトラブルから13億円の借金を背負う羽目に。後進に譲るためには「会社の形を作ること」と営業の先頭に立ち、近年では「ロボットビジネス」に未来のビジネスチャンスを見据えている。また80歳を過ぎてから英語塾に入塾するなど「生涯現役」を標榜している。
  • サンプルムービー

社長の座は後進に譲ったものの85歳でまだ“現役営業マン”会長として奔走。いつも「“人”が大事」と唱える宮﨑氏は、トラブルに巻き込まれ多額の負債を抱えたときも社員は辞めなかったと言う。
「”好奇”高齢者として、少しでも世間に貢献できれば」と話す宮﨑氏にうかがうビジネスと人生の機微。(73分)

このセミナーの動画一覧PC専用一括連続再生ボタン

1.はじめに

0:03:55 動画を見る

2.サラリーマン時代の10年間

0:07:48 動画を見る

3.大倉物産の紹介(1)好景気・不景気の時代

0:05:16 動画を見る

4.大倉物産の紹介(2)倒産寸前の時代

0:06:39 動画を見る

5.大倉物産の紹介(3)身内の不幸を乗り越えて復活

0:16:16 動画を見る

6.“四方よし”を目指す会社経営

0:08:08 動画を見る

7.85歳“現役営業”創業者が教える経営手法

0:02:24 動画を見る

8.教育について

0:05:51 動画を見る

9.社会的背景について

0:04:51 動画を見る

10.今後について

0:07:38 動画を見る

11.“四方よし”の経営は永続企業の礎なり

0:04:54 動画を見る

レビューの投稿

pagetop