ようこそ!
 ゲスト会員様

セミナータイトル検索

タイトル・講師名などを入力

現在の掲載セミナー数

0タイトル

0ムービー

デフレ脱却と金融・財政政策 〜賃上げ目標で「デフレのメンタリティ」からの脱却を〜

ムービーサムネイル

渡辺 努(わたなべ つとむ)
東京大学大学院経済学研究科教授
講師プロフィール
1982年東京大学経済学部卒業、92年ハーバード大学Ph.D.(経済学専攻)。日本銀行、一橋大学を経て2011年より現職(経済理論専攻)。京都大学、ボッコーニ大学、コロンビア大学等で客員教授等を務める。International Journal of Central BankingのAssociate Editor。専門分野はマクロ経済学で、特に物価と金融政策。リアルタイムの物価指標である「東大日次物価指数」を共同開発し、2013年5月に公開。東大と日経の共同出資で株式会社ナウキャストを2015年2月に創業し、2016年1月より「日経CPINow」を配信中。

デフレ脱却と経済成長を目指すアベノミクスは5年目に突入。日銀の大胆な金融緩和策は、2年で物価上昇率2%の実現を掲げたものの、今なお達成は見通せない。アベノミクスの物価への影響と、これからの金融・財政政策について語る。

このセミナーの動画一覧PC専用一括連続再生ボタン

1.様々なビッグデータを利用た日次の物価指数を研究

0:08:39 動画を見る

2.本日の講演内容について

0:01:46 動画を見る

3.現状のデフレの傾向を見る

0:04:16 動画を見る

4.POSシステムのビッグデータから物価を見る

0:07:45 動画を見る

5.異次元緩和はこれまで物価にどう影響したのか?

0:10:20 動画を見る

6.なぜデフレから脱却できないのか?

0:07:20 動画を見る

7.デフレだと企業が価格を決められなくなる?

0:13:15 動画を見る

8.アベノミクスの狙いと効果

0:02:50 動画を見る

9.デフレ脱却と賃金アップの関係

0:10:24 動画を見る

10.金融財政政策は今後どう変わるのか?

0:11:42 動画を見る

レビューの投稿

pagetop