ようこそ!
 ゲスト会員様

セミナータイトル検索

タイトル・講師名などを入力

現在の掲載セミナー数

0タイトル

0ムービー

2020年を見据えた企業の変化と進化 〜さまざまな「壁」を超え、価値創造的であれ〜

ムービーサムネイル

渋澤 健(しぶさわ けん)
コモンズ投信株式会社取締役会長
講師プロフィール
1961年生まれ。テキサス大学化学工学部卒業。84年(財)日本国際交流センター入職。87年UCLA大学経営大学院にてMBAを取得し、JPモルガン、ゴールドマン・サックスなど米系金融機関、大手ヘッジファンドのムーア・キャピタル・マネジメントを経て、2001年シブサワ・アンド・カンパニー?を創業。07年コモンズ?(現コモンズ投信)を創業し、08年会長に就任。12年日本国際交流センター理事長に就任。「日本資本主義の父」と言われる渋沢栄一の5代目の孫にあたり、「論語と算盤」の提唱を現代に問いかけ、21世紀における資本主義や社会の持続性、経済活動と公益活動を両輪とする民間の力の重要性などを説く講演・執筆活動に従事する。04年より経済同友会幹事、また、渋沢栄一記念財団理事など多くの非営利組織の理事・評議員を務める。著書に『渋沢栄一 100の訓言』『日本再起動』等がある。
  • サンプルムービー

2020年は、単に東京オリンピック開催への準備期間を示しているだけではない。その先、新しい時代への門が開くことに、意識を高める必要がある。そのためには、専門分野や価値観など様々な「壁」を越えなければならない。必要なのは「未来志向」であり、過去の功績を単純に延長するのではなく、「壁」の外に存在する多用な視点が未来志向に繋がることで、価値創造が持続できる。渋沢栄一の5代目の子孫としてメッセージを送り続ける氏が、未来を見据えた提言を行う。

このセミナーの動画一覧PC専用一括連続再生ボタン

1.はじめに

0:04:12 動画を見る

2.日本の近代化社会の周期性

0:06:19 動画を見る

3.人口動態からみる今後の日本

0:06:02 動画を見る

4.30年後を考える

0:06:29 動画を見る

5.共感と持続性

0:06:16 動画を見る

6.日本の発展の原点

0:04:43 動画を見る

7.渋沢栄一「論語と算盤」とは

0:04:11 動画を見る

8.持続性のある価値を作る

0:02:47 動画を見る

9.青淵百話『元気振興の急務』

0:07:48 動画を見る

10.未来を拓く価値創造の礎

0:06:47 動画を見る

11.常識とは何か

0:08:02 動画を見る

12.いままでの常識、これからの常識

0:06:02 動画を見る

13.20世紀の効率性、21世紀の多様性

0:05:07 動画を見る

14.21世紀に繁栄するためのメッセージ

0:05:35 動画を見る

15.コモンズ投信の目指すもの

0:09:04 動画を見る

16.まとめ

0:03:20 動画を見る

レビューの投稿

pagetop